Item

濃度5パーセントのCBDオイルの効果とは?適切な摂取量や濃度・方法を紹介

世界中で美容やセルフケア目的で人気のCBDですが、最近では医療業界からも注目を集めています。

そんなCBDですが、どのくらいの濃度を摂取すれば良いのでしょうか?

濃度5パーセントのCBDオイルは効果があるのかCBDオイルの効果を感じれない時の対処法などを解説しています。

  • 濃度5パーセントのCBDオイルは効果とは
  • CBDオイルの効果を感じれない時の対処法

そもそもCBDとは?

効果 CBDとは、麻から抽出された成分健康や美容・セルフケアなど様々な効果があるとされています。

麻から抽出される成分ですが、危険性や依存性はなく、日本でも合法で使うことができます。

【CBDの主な効果】

  • リラックス効果
  • 不安解消
  • ストレス軽減
  • 睡眠の質のアップ
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 鎮痛作用

濃度5%のCBDオイルは効果があるのか

オイルさまざまな効果が期待されているCBDですが、どのくらいの量を摂取すれば効果を体感できるのでしょうか。

CBDの効き目は、体質や摂取量・種類・摂取方法などの条件よって大きく異なります。

ここでは、「濃度5%のCBDオイルは効果があるのか」という事を軸に上記の条件ついて詳しく解説してきます。

CBDの効き目は人によって様々

 「濃度5%のCBDオイルには効果があるのか」という事に関してですが、人によって効き目は大きく異なります。

CBDの効き目が人によって異なる理由には、ESC(エンドカンナビノイドシステム)が関係しています。

ECSとは、脳や神経・心臓・胃腸・肝臓などの器官を調整する生命維持機能のことです。

加齢やストレス・睡眠不足・栄養不足などが起こると、ECSが正常に働かなくなってしまいます。

CBDには、ECSを正常に働かせる効果があります。

しかし、ECSのCBDに対する効果の程度には個人差があるため、CBDの効き目は人によって大きく異なるのです。

CBDオイルの摂取量による

CBDオイルには、濃度が5%〜50%といったように様々な濃度の商品が販売されています。

CBD濃度が5%のオイルでも、適切な量を摂取することができればCBDの効果を体感することができます。

一般的なCBDの効果を感じられる摂取量の目安は、5mg〜30mg程度となっています。

例えば、濃度が5%のCBDオイルでCBDを15mgを摂取する場合、7〜8滴程度で摂取することができます。

しかし、もし自分に最適な摂取量が30mgだった場合、1度でCBDオイルを15滴も摂取する必要があるため、濃度が10%や20%を使用することをおすすめします。

このように、CBD濃度が5%のオイルでも効果を体感できますが、自身のCBDの効き目の度合いによって濃度を選びましょう。

CBDの摂取量の目安はどれくらい?適切な量や効果を高める方法を紹介!近年、CBDは世界中の様々な業界から注目を集めています。 そんなCBDの、適切な摂取量はどのくらいなのでしょうか? 本記事では、CBDの...

CBDの種類によって効果が異なる

CBD濃度が5%のオイルでも、製品の種類によってCBDの効き目は大きく異なります。

CBD製品は含まれる成分によって、「アイソレート」と「ブロードスペクトラム」の2つに分けることができます。

アイソレートとは、CBD単体の製品で、CBD以外の成分を含んでいません。

一方、ブロードスペクトラムとは、CBDを含む麻の成分(CBG・CBN・CBDA・テルペンなど)含まれています。

後者には、麻の複数の成分が互いに作用し合うことによって、CBDの効果をより高める効果(アントラージュ効果)があります。

そのため、より高い効果を体感したい方ブロードスペクトラムがおすすめです。

初心者には濃度5%のCBDオイルがおすすめ

CBD

 上記で説明した通り、CBDオイルの効き目は体質によって人それぞれ大きく異なります。

また、CBDオイルはCBD濃度が上がるにつれて製品の値段も高くなっています。

そのため、自身の適切な摂取量が分からない初心者の方は、濃度が低い5%のCBDオイルから試してみることをおすすめします。

低いCBD濃度で物足りなければ、少しずつ使用するCBDオイルの濃度を上げていきましょう。

CBDの効果を感じれない時の対処法

 そもそもCBDは、医薬品などのような明らかな効果が必ず得られるというわけではありません。

しかし、CBDの効果を体感できない時にはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、CBDの効果を体感できない際の対処法を紹介致します。

摂取量を増やしてみる

上記で説明したように、CBDの適切な摂取量は人によって異なります。

そのため、CBDの効果を体感できない場合は、CBDの摂取量が足りていない可能性があります。

そのため、CBDオイルの場合ですと「摂取するオイルの量を増やす」「CBD濃度がより高いオイルを使う」などを試してみましょう。

他の摂取方法を試してみる

CBDアイソレート CBDには、下記のように様々な摂取方法があります。

  • オイル
  • ベイプ(電子タバコ)
  • エディブル(グミ・アメ・クッキーなど)
  • クリーム

それぞれの摂取方法で、CBDの吸収率効果の発現時間持続時間などが大きく異なります。

もし、CBDオイルで効果を感じれない場合は、最もCBDの吸収率が高い(効果が強い)CBDベイプを利用してみましょう。

CBDベイプは即効性があり、CBDを摂取した際の血中濃度のピークはオイルの5〜10倍程度となっています。

そのため、CBDオイルで効果を体感できない場合は、CBDベイプを利用してみることをおすすめします。

過剰摂取しても意味がない

引用:アントラージュ効果とは?CBDによる恩恵が増す理由

CBDの効果を高めたいからといって、CBDを大量に摂取することはおすすめしません。

CBDを大量に摂取しても健康被害などはないとされていますが、CBDには釣鐘効果と呼ばれる特徴があります。

釣鐘効果とは、一定の量以上のCBDを摂取してもピークを超えるとCBDの吸収率が低くなるという特徴のことです。

そのため、過剰摂取をしてしまうとCBDの吸収率が下がっていくため、コスパが悪くなってしまいます。

これらのことから、CBDを使用する際には少ない量から試し自分のスイートスポットを見つけましょう。

【CBDを過剰摂取するとどうなる?】安全な摂取量や摂取量の目安をご紹介最近、CBDはセルフケアアイテムや健康食品として日本でも人気を集めています。 そんなCBDですが、過剰摂取してしまうと健康被害があるので...

おすすめのCBDアイテム4選

今回は、CBDの適切な摂取量CBDの効果を感じられない際の対処法などを解説してきました。

ここでは、おすすめのCBDアイテムを4つご紹介いたします。

Greeus(グリース)

Greeus(グリース)のCBDオイルの購入はこちらから

Greeus(グリース)のCBDオイルでは、インドネシア産のココナッツ由来のMCTオイルが使用されています。

MCTオイルは、ヘンプオイルなどに比べて吸収スピードが速く、体脂肪になりにくいと言われています。

Greeus(グリース)のCBDオイルは、美容や健康に気を使っている方におすすめです。

Greeus(グリース)のCBDオイルの購入はこちらから

NATURECAN(ネイチャーカン)

高品質のCBDを低価格でお届けするNaturecan(ネイチャーカン)

Naturecan(ネイチャーカン)は、低価格で高品質な製品が多い、イギリスで人気のCBDブランドです。

第三者機関による6段階の試験をクリアしているため、安全性の高い商品が揃っています。

CBDオイルは、5%・10%・15%・20%・30%・40%と6種類の濃度が販売されています。

公式サイトでは、定期的にセールが行われていますので、是非チェックしてみてください。

 NATURECAN(ネイチャーカン)のCBDオイルの購入はこちらから

roun(ラウン)

roun(ラウン)CBDオイルのご購入はこちらから 

roun(ラウン)のCBDオイルは、業界でトップレベルにコスパの良いCBDオイルが販売されています。

rounのCBDオイルは、欧米産のオーガニックの麻を原料としています。

CBDオイルの他にも、セルフケアや美容に役立つ商品が販売されています。

roun(ラウン)CBDオイルのご購入はこちらから

CHILLAXY(チラクシー)

CHILLAXY CBD|極上のリラックスには、理由がある

CHILLAXY(チラクシー)では、濃度が90%の超高濃度のCBDベイプが販売されています。

また、7種類のフレーバーから香りを選ぶことができます。

CBDオイルでは効果を体感できない」、「今までにない効果を実感したい」という方におすすめとなっています。

CHILLAXYのCBDベイプの購入はこちらから

まとめ

本記事では、濃度が5%のCBDオイルには効果があるのかという事について解説してきました。

また、CBDの適切な摂取量の見つけ方効果を感じれない際の対処法などをご紹介してきました。

自分に最適な摂取方法種類・濃度を見つけ、快適なCBDライフを送りましょう。